持続可能なプラントEXPO 2024とは

1966年から続く 化学 および プロセス産業プラント の総合展示会About

持続可能なプラントEXPO 2024開催にあたって

国内化学産業のプロセス技術は、基礎化学品分野では⼤量⽣産により世界最高いレベルのエネルギー効率で技術が確立されている一方で、機能性化学品分野はバッチ法を用いた少量多品種製造が主であり、エネルギー効率向上や廃棄物削減等の改善余地があると言われています。
また、カーボンニュートラル化およびSDGs12「つくる責任、つかう責任」の社会的要請もあり、エネルギー多消費型産業からの転換、および化石エネルギーから水素・アンモニア等の非化石のクリーンエネルギーへの技術転換が、産業界においても取り組まれているところです。
このような背景の下、本展示会は、持続可能なプラント操業のための課題解決と、エネルギー資源の有効活用に資する技術・製品等のさらなる普及・開発を促進することを目的に開催いたします。

来場対象

化学、石油、エネルギー、製薬、鉄鋼、半導体、電機、プラスチック、食品飲料、製紙、繊維、セラミックス、エンジニアリングの各業種の⽣産技術、設計、工務、設備管理、環境安全、計装、情報システムの技術者、購買担当者、研究者、⼯場管理者、経営層

来場者(前回)の約8割が製品・設備導⼊に関与!新技術・新製品の展示発表に最適な機会です!

製品・設備導入への関与についてグラフ

PAGE TOP

開催概要Outline

名 称
持続可能なプラントEXPO 2024
会 期
2024年7月24日(水)~26日 (金) 10:00~17:00
会 場
東京ビッグサイト 東7ホール
主 催
一般社団法人 日本能率協会
特別協賛
公益社団法人 化学工学会
展示予定規模
66社/130ブース(予定)
来場登録予定者数
40,000名

※同時開催展含む

入場方法
完全事前登録制
入場登録料
無料
同時期開催の
展示会
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2024 TECHNO-FRONTIER 2024 第10回東京 猛暑対策展/第11回東京 労働安全衛生展/第3回東京 騒音・振動対策展

PAGE TOP

展示対象分野Target

持続可能なプラント操業へ向けた課題解決

  • プロセス設計
  • デジタル技術
  • 新装置・設備
  • 安全対策

■エネルギー資源の有効活⽤(省エネ・創エネ・蓄エネ・リサイクル)

  • 低炭素化
  • 水の有効利用
  • 資源循環・再利用
  • 熱利用・効率化
  • バイオマス利用
  • 自然エネルギー利用

PAGE TOP

PAGE TOP